小町のぶっちゃけ日記_博多の明太と言えば!

小町のぶっちゃけ日記

人間の裏表・狐と狸の化かし合い・繰り広げられる人間模様を書き綴ります。同居人のれいの恋文も必見です。 激動のdocumentary恋話に涙…

Entries

博多の明太と言えば!

博多明太と言えば鳴海屋さん
b5bd1.jpg
この鳴海屋さんから、なんと
簡単美味しい明太ソースがo(^-^)o

7e263.jpg
明太買ってきて、ご自分で薄皮を外して・・・
想像するだけでも面倒だし・・
手間が掛かって仕方がないですね

レトルトといっても!
本場博多明太ソースなので
お味はお墨付き

明太ソースは、色々なお料理に使えて
嬉しいですねo(^-^)o

わたしなら、オムレツや焼きうどん
焼きおにぎりなんかも、いいですね
明太フランスも、美味しそうでしょう。
fefd7.jpg
うどんに明太子ソースと高菜、ちりめん雑魚を
トッピングするだけ。あとはまぜまぜすれば、
美味しい「めんたい高菜うどん」が完成
しちゃうんです

明太子を引き立てる繊細な味付けは、自信を持って
お奨めできる一品です。

みなさんだったら、どんなお料理に使いますか?

麺類以外にも、
ピザソースグラタン・ドリア・チャーハンに。
揚げ物や魚のソテーのソースに。
揚げ出し豆腐のあんかけに。
その利用法は、アイデア次第で無限に広がります。

こちらを販売している鳴海屋さんとは?
株式会社鳴海屋
株式会社 鳴海屋は、昭和3年福岡市博多区にて
米穀商として創業いたしました。九州一円の
高級料亭・割烹・一流ホテルのレストラン等に
高級食材を卸し、業務用食材問屋として、今日
までご愛顧頂いております。
80余年にも及ぶ鳴海屋の歴史の中で大きな転機
となったのが、昭和43年。博多辛子明太子の
創世期に、辛子明太子の製造・販売を開始し、地元
の一番店「岩田屋」で最初の納入メーカーと
なりました。

その後、昭和50年の山陽新幹線開通に伴い、販路
を拡大。贈答用の高級辛子明太子のメーカーとして
東京の百貨店などでもご好評頂いております。
地元福岡での食材卸問屋としての出発点から育まれた
博多の食文化への誇り。
これこそが鳴海屋のめんたい作りの原点。職人たち
の「めんたい博多の味に育てたい」という思いが
今でも受け継がれています。

株式会社鳴海屋
〒812-0018 福岡市博多区住吉4-1-15
TEL 092-471-0100

一番上の画像は、昭和28年頃の鳴海屋さんです

今や人気の明太子パスタ。お店でも明太子風味の
パスタソースはお手ごろ価格で販売されています
よね。鳴海屋の和風明太子ソースは、博多の老舗
明太子メーカーとしての技術や経験を生かした、
まさしく明太子メーカーの「明太子ソース」なんです。
img_2265638964d560e1f3a8e6.jpg
その味付けには、地元料亭の料理長のご意見を
参考にお醤油を隠し味に使用。
パスタソースにとどまらず、いろんな料理にお使い
いただける上品な和風仕立てに仕上ました。

さて、この和風明太ソースを使って
みんなも明太アレンジ料理を作ってみませんか?

7089e.jpg
今、モニプラでは この和風明太ソースを
抽選で30名様にモニタープレゼント
是非、このプロジェクトに参加して
本場博多の明太ソースを食べてみましょう
参加は、こちら↓
博多鳴海屋の「めんたいパスタソース」
モニター募集


商品は↓
博多鳴海屋 和風めんたいソース

鳴海屋の和風明太子ソースは、博多の老舗明太子
メーカーとしての技術や経験を生かした、まさしく
明太子メーカーの「明太子ソース」です。
その味付けには、地元料亭の料理長のご意見を参考
にお醤油を隠し味に使用。パスタソースにとどまらず
いろんな料理にお使いいただける上品な和風仕立て
に仕上ました。ピザソース、グラタン・ドリア・
チャーハンに。揚げ物や魚のソテーのソースに。
揚げ出し豆腐のあんかけに。その利用法は
アイデア次第で無限に広がります

■ 主原料  辛子明太子,水あめ,大豆油,しょうゆ,
風味調味料,香辛料,調味料(アミノ酸等)
セルロース,増粘剤(加工デンプン,増粘多糖類)
グリシン,pH調整剤,トレハロース,
酸化防止剤(ビタミンC),ソルビトール
ナイアシン,酵素,甘味料(ステビア)
着色料(赤102,黄5,赤3),発色剤(亜硝酸Na)
※卵・小麦・乳由来原材料を含みます

■内容量  60g/1食分×5パック
■賞味期限 製造から1年
■保存方法 冷凍(-18℃以下)

使用方法:湯煎で3~5分温めるだけ。

株式会社鳴海屋

テレビで紹介された食品って結構
チェックしませんか?
私は、直ぐにチェックしますo(^-^)o

こちらのめんたいもTVで紹介され
大人気の商品なんです。
mentaitop01.jpg
新鮮な粒の舌触り、コクのある素晴らしい味、
これが「博多鳴海屋のめんたいこ」 の特徴です。

スーパーで売られているめんたいは
プチプチ感が少なく、新鮮と言うイメージは
ないですね。冷凍が多いので
ジトーっとしている感じです。
鳴海屋さんのめんたは、新鮮でプチプチの
食感が楽しめる博多と言えば
鳴海屋さんと言うくらい美味しいめんたのお店です。

お口の中ではじけるような粒子感と、程よい辛さの
上品でまろやかな味付け。
着色料をできるだけ控えているため、有色の
辛子明太子でも無着色に近い自然な色合いの薄い
ピンク色に仕上がっています。

また、辛子明太子の味は原料となる鱈子の品質で
決まります。「鳴海屋の明太子」は真子と呼ばれる
完熟卵を素材に、独自の手法による長期低温貯蔵
(170余時間)により成熟させています 。

めんたいコーナーに行くと・・・
薄ピンクから~ドギツイ赤いめんたいまで
さまざまですね。
わたしは、出来るだけ薄い色のめんたいを
選んで買います。
素材そのものが美味しいのだから
態々着色しなくても良いのではo(^-^)o
なんて思いますね。

鳴海屋さんには、めんたい海苔なんて
言う美味しい食べ物もあります
nori2.jpg
カナッペに使ったり、おにぎりにしたり
そのまま食べても美味しい海苔だよ

上記で紹介した商品の詳細は↓
株式会社鳴海屋コーポレーション

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

Clock&calendar

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

四季で風景が変わるよ♪

Blog Search

Comment・Traba・Link

コメント トラバ リンク

Monthly Archive

Today💮Flower

あし@

Proflie/Photo

  • Author:小町
  • 小町です。デビュー当時は、夜の蝶だった筈?今は、夜の蛾に成長しました(汗)
    平凡な小町ですが、バイト先での日記や日常のちょっとした出来事等書いていきます♪

SEO対策:恋愛 ローカルニュース  依存症 LOVE